ワキガの基礎知識

【ワキガのチェック】ではなく【ワキガ体質】のチェックをしてみましょう

投稿日:

最初に言っておきますが、ワキガは病気ではありません。体質です。このチェックでワキガ決定という事ではありません。ワキガ体質の可能性が高いだけです。ニオイの悩みはとてもデリケートです。ある程度の目安にだけしてください。本気でチェックするのであれば、病院やクリニックです。

わきが体質チェックは5項目。

わきが体質のチェック項目
・耳アカがベタベタしている
・両親がワキガ
・服のワキの部分に黄色っぽいシミが出来る
・ワキ毛に白い粉のようなものが付く
・ワキの汗がサラサラしていない

この五つです。

1 耳アカ
ワキガの原因の汗はアポクリン汗腺から出る汗です。耳にはサラサラの汗をかくエクリン汗腺ではなく、アポクリン汗腺があります。耳の中のアポクリン汗腺が活動すると耳アカは湿った状態になり、耳アカはベタベタします。

2 両親がワキガ
ワキガは遺伝する事があります。ワキガが遺伝するというより、「体質」が遺伝するのです。その確立は五割程度だと言われています。ワキガだけでなく、「体質の遺伝の中の一つ」です。病気ではありません。何度でも言いますが、ワキガは病気ではなく体質です。

3 服のワキの部分の黄色いシミ
黄色いシミがつくとワキガ体質の可能性があります。アポクリン腺の汗は水部以外にタンパク質、脂質、糖質、アンモニ、鉄分などを含んでいます。それらが服について黄色っぽいシミが出来ます。アポクリン汗腺から出る汗と比較すると、エクリン汗腺から出る汗は水分以外にはわずかの塩分を含むだけです。アポクリン汗腺から出る汗に比べるとサラサラとした汗です。

※市販の制汗スプレーなどの影響でシミが出来ることもありますのであくまでも「目安の一つ」として考えてください。

4 ワキ毛の白い粉
ワキ毛の白い粉のようなものは、アポクリン汗腺から出る汗の中の成分が固まったものです。ワキ毛を剃ったほうがワキガ対策には良いというのはこういった理由からです。ワキ毛に白い粉がついている人は、ワキガ体質の可能性が高いです。

5 ワキの汗がベタベタしている
ニオイが少ないエクリン汗腺から出る汗はどちらかというと「サラサラ」しています。それと比較するとアポクリン汗腺から出る汗はベタベタした触り心地です。単にワキの汗が多いだけではワキガではありません。エクリン汗腺から出る異常に多い汗の症状を多汗症といいます。

 

あくまでも、簡単なワキガ体質チェックです。当てはまるとワキガだと決めつけるのは早すぎます。ただし、チェックポイントが当てはまる事が多いようであれば、ワキガ体質の可能性が高く、ワキガになる可能性が高くなります。

まずは規則正しい生活、バランスの良い食生活を意識することから始めましょう。

 

医療機関なら確実な診断を受けることもできますわきがのチェック診断は皮膚科/形成外科/美容外科/美容形成外科で受けることが可能です。

※ワキ汗が多いからといって、ワキガだとは言えません。ワキ汗はアポクリン汗腺からの汗、エクリン汗腺からの汗、両方あります。アポクリン汗腺からの汗が多い時は要注意です。エクリン汗腺から大量の汗が出るのは多汗症といいます。多汗症ワキガとは違うものです。

 

ワキガ対策【軽度】

軽度のワキガでもクリニックに行くと消臭剤を処方してくれます。しかし病院に行くほどでもないような軽度のワキガは市販の制汗剤でもクリア出来る可能性もあります。どうしても気になるようであれば、早めに病院に行ってしまうのが近道です。

病院では塗る薬、飲む薬を処方してくれますが、飲む薬(臭化プロバンテリン)は副作用の懸念もあるのでオススメしません。

ワキガ対策【中度から重度】

どうしても気になるようであれば、手術も視野に入れなければいけないでしょう。手術といっても、今は切らない手術もあるので傷跡の心配はほとんどしなくていいでしょう。

ワキガはアポクリン汗腺から出た汗が皮膚に存在する菌(常在菌)と反応してあのニオイが出てしまいます。最近のトレンドはデオドラントクリームです。殺菌力が100%に近い製品も出てきました。

まずはデオドラントクリームで様子を見てからでも遅くはないと感じます。

もし手術を考えているのであれば、
・信頼できる病院、クリニック。
・カウンセリングをしっかり行ってくれる。
・メリットデメリットをしっかり説明してくれる。

この点に注意してください。簡単にカウンセリングを受けられるイメージはありませんよね。まだまだハードルが高いのがワキガの手術です。

悩んでいる間にも迷惑なニオイを放っているかもしれません。殺菌力のあるデオドラントクリームもありますので、それを試してみるのも一つの選択肢です。

 

ワキガチェック法まとめ

ナイロンやポリエステルは、繊維の穴が小さいため、ニオイがつきにくくなりおすすめです。と説明を見る事がありますが、これは実際にワキガで悩んでいない人のコメントです。

 

ナイロンやポリエステルの服を着ると、間違いなくニオイが増幅されます。実際に着ていると襟元からニオイが昇ってくるんです。これはニオイが気になる人にしか分からない事です。実は私のパート先のユニフォームがそうなんです。

もっと具体的にいうと、目の詰まったポリエステルはダメ、織りがゆるい繊維ならOKです。吸汗速乾の服は織りがゆるい繊維の代表です。吸汗速乾ならOKです。このくらい説明していないとダメです。

 

アポクリン腺の汗に含まれる脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が皮膚表面に存在する常在菌により分解されることで、鼻につく独特のにおいが発生するのです。これに皮脂が混ざり合うと、ニオイはさらに強くなります。

ワキガは病気ではありません。体質です。気にすることで、ニオイが強くなる事もあります。デオドラントクリームも視野に入れてみて下さい。手術に比べるとハードルがかなり低いと思います。

-ワキガの基礎知識
-

Copyright© ワキガ手術のメリット、デメリットlワキガの原因と対策に迫る , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.